難波・心斎橋エリア

宿泊ホテル大阪・梅田エリアを「キタ」と呼ぶのに対して、難波・心斎橋エリアは「ミナミ」と呼ばれています。通天閣があるのは、このエリアです。道頓堀は、かに道楽やグリコのネオンの看板などで有名です。とんぼりリバーウォークは、道頓堀の水辺にある遊歩道です。また、アメリカ村がある心斎橋には、個性的なショップが並んでいます。日本橋でんでんタウンは、東京の秋葉原と並ぶ電化製品の町として知られています。

裏なんば虎目横丁では、たこ焼きやお好み焼きなどの粉もの、串カツや焼き鳥、ラーメンやイタリアンなどの大阪グルメを味わうことができます。「食い倒れの街」とも呼ばれる大阪なので、世界中から食いしん坊が集まってきます。大阪には庶民的な食べ物が多く、おなかいっぱい食べてもお財布にやさしいのも、観光客にとっては嬉しいでしょう

たいへん活気にあふれる難波・心斎橋エリアですが、繁華街近くのホテルに泊まると交通の便は良いものの、夜中にほかの宿泊客が帰ってきたりして、安眠を妨害される場合があるようです。安いホテルにお泊りになると、防音が不十分なところがあります。セキュリティが良く、ホテルに女性専用のフロアがあれば、女性の方は快適にお泊りになれるかもしれません。ホテル内が新しく、設備の充実しているところを選びましょう。